楽団 演奏者紹介

吉備高原祝祭室内合奏団演奏会を、11月13日(日)午後2時より、ロマン高原かよう総合会館で開催します。合奏団、指揮者、ソリストを紹介します。

演奏:吉備高原音楽祭祝祭室内合奏団
吉備高原音楽祭のために結成された楽団。くらしき作陽大学教授 江島幹雄を中心に、高いレベルの音楽と地域の音楽文化向上を目的に、中四国で活躍する若手弦楽器奏者で構成されている。

♪ 指揮    江島 幹雄 えじま みきお     
東京藝術大学及び同大学院修了。ヴィオラを内田博、浅妻文樹、井上武雄、ウィリアム・プリムローズの各氏に師事。室内楽をルイ・グレーラー氏、指揮法を山田和男氏に師事する。東京都交響楽団ヴィオラ奏者として活躍の後、作陽音楽大学(現くらしき作陽大学)に赴任、この間コンチェルトのソリストや数多くの室内楽の演奏会に出演する。                                             1982年より18年にわたる「アルシェ弦楽四重奏団」の活動をはじめ、2001年3月の国立ブルガリア室内楽オーケストラを共演したChr.バッハのヴィオラコンチェルトは、その卓越した技巧と豊かな音楽性により高い評価を受ける。一方、指揮者を歴任。1984年に「倉敷ジュニア・フィルハーモニーオーケストラ」の設立に参加、以来常任指揮者及び音楽監督を務め青少年の音楽育成に情熱を傾けている。1985年、86年、中国政府の招きにより、北京中央音楽院でのオーケストラ指導のため訪中。1988年1999年には倉敷ジュニア・フィルハーモニーオーケストラを率い北京・上海・蘇州にて演奏会を開催する。また、倉敷を中心に活発な音楽活動を展開している「倉敷アカデミーアンサンブル」と共にニュージーランド公演を成功させるなど、同アンサンブルの常任指揮者として西日本を中心に精力的に演奏会を開催している。2018年3月末をもって倉敷市立大学学長を退任。現在、くらしき作陽大学特任教授、倉敷ジュニア・フィルハーモニーオーケストラ音楽監督。アンサンブル早島音楽監督。

♪ ソリスト 岸本萌乃加 きしもと ほのか           
岡山県出身。東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京芸術大学を首席で卒業するとともに、アカンサス音楽賞及び三菱地所賞受賞。また東京芸術大学大学院修士課程修了時に大学院アカンサス音楽賞受賞。「佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ」メンバーに選抜され第2期、3期に参加。全日本学生音楽コンクール ヴァイオリン部門 高校の部 大阪大会第1位。日本クラシック音楽コンクール ヴァイオリンの部 高校の部 第1位グランプリ。宗次エンジェルヴァイオリンコンクール 第3位及び聴衆賞。東京音楽コンクール 弦楽部門第1位。横浜国際音楽コンクール 弦楽器部門高校の部第1位及びジェラール・プーレ賞ならびにグランプリ。秋吉台音楽コンクール室内楽部門にてピアノ黒岩航紀と出場し第2位(最高位)。第86回日本音楽コンクール第3位。宗次弦楽四重奏コンクールにHONO Quartetで出場し第3位及びハイドン賞(課題曲賞)。秋吉台音楽コンクール弦楽四重奏部門第1位。ヤングプラハ国際音楽祭の日本代表として招聘されコンチェルトを演奏、またプラハ各地で、ハーフリサイタルを開催する。またニュージーランドへ親善大使として派遣され、クライストチャーチでリサイタルを開催。 円光寺雅彦、梅田敏明、宮本文昭、山下一史、高関健各氏とともに、各地オーケストラ、芸大フィルハーモニーオーケストラ、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団などとコンチェルトを多数協演。また学内外において様々なアンサンブル活動やソロリサイタルなどを行っている。公益財団法人 ロームミュージックファンデーション2012、2013年度奨学生。公益財団法人 青山財団2015年度奨学生。公益財団法人日本演奏連盟宗次エンジェル基金2018・2019年度奨学生。これまでに澤和樹、長原幸太、玉井菜採、小栗まち絵、ジェラール・プーレ各氏に師事。2021年より読売日本交響楽団の次席第一ヴァイオリン奏者に就任。

♪ ソロ・チェロ 江島 直之    えじま なおゆき           
幼少より倉敷ジュニア・フィルハーモニーオーケストラでチェロを始める。桐朋学園大学卒業。同大学研究科および桐朋オーケストラアカデミー修了。この間、アルゲリッチ音楽祭、サイトウキネン・フェスティバルin松本、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、PMFオーケストラ(2013・2014年)など日本各地の音楽祭に出演する。第8回横浜国際音楽コンクール第2位。第15回大阪国際音楽コンクール入賞。2015年に渡独しベルリンにて研鑽を積む。帰国後は後進の指導にも力を注ぎ、倉敷ジュニア・フィルハーモニーオーケストラ、アンサンブル早島の講師を務める。また近年では質の高い演奏を目指し、地域の音楽文化に貢献することを目的とした「アンサンブルくらしき」を立ち上げ、演奏会の企画開催に意欲を傾けている。チェロを、森純子、倉田澄子、菊地知也、岩崎洸、D.Feygin、M.Nyikos、C.Brotbek、L.Fenyoの各氏に、室内楽を江島幹雄、北本秀樹、徳永二男、小森谷泉、三上桂子の各氏に師事する。現在、ライゼ・カンマー・オーケストラミュージックアドバイザー、アンサンブル早島ミュージックアドバイザー、くらしき作陽大学音楽学部非常勤講師。

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

カテゴリー

最新の記事